留学前の予防接種情報
留学が決まりましたら、
当院へご連絡下さい。
専門スタッフが対応致します。

海外への留学が決まり、予防接種をご希望の方へ

海外留学が決まると、入学予定の現地の学校から様々な事を入学前に求められることがあります。予防接種もその中の一つです。
当院では、留学者される方が安心して、そして円滑に留学できるために海外留学前の予防接種事業を行っております。トラベルクリニックとして予防接種はもちろん、接種種類のご相談やスケジュールの策定などのきめ細かいご案内をさせて頂いております。 また英文での接種証明書発行や、渡航後の追加ワクチン接種のスケジュールのご確認なども実施しておりますので、渡航前だけでなく、渡航された後も留学される方の不安解消に努めております。

1.当院の主な業務内容

・予防接種の実施
・各種抗体検査の実施(例:麻疹・風疹・おたふく・水 痘・B型肝炎など)
・ツベルクリン反応検査の実施
・母子手帳の翻訳
・当院フォーマット英文証明書の発行
・留学先指定フォーマット英文証明書の発行
・ご持参頂いた証明書への転記・追記
・海外留学前の健康診断
・各種マラリア予防薬の処方
・高山病予防薬の処方
・常備薬の処方
・海外医療情報の提供
一人ひとりのご希望に合わせたプランニング・スケジューリングを作成致しますので、ご安心してワクチン接種をして頂くことが可能です。

2.まず何をしたらよいのか?

一言で留学と言っても、留学者様によって行先は様々です。また同じ国でも入学する学校によって(アメリカでは州によって)、接種種類が大きく異なります。 ただ焦る必要はございません。
まず一番に行うべきは…

留学先の学校から届く英文案内文書を正確に読み込むことです。

文書を正確に読み込むということが留学される方には一番重要です。学校によって違いはもちろんありますが、文書は複数にわたってることが多いです。どの種類を接種しなければならないのか、何回接種が必要なのか、健康診断は必要かなど今後の方針を立てるために重要になります。
また、求められる項目が多くなればなるほど、長い期間を要します。書類が届きましたら、まずはご自身でご一読して頂き、その上で当院までご連絡・ご相談下さい。

3.当院での接種当日までの流れ

@ご予約・ご相談
まずはお電話にて、詳細をお尋ねします。ご来院頂くまでに接種種類やスケジュール計画などは大まかに決定致します。
予めご本人様でご確認頂いた英文書類、また小児の頃に接種頂いた記録が分かる母子手帳を当院でも確認させて頂きますので英文書類・母子手帳のFAXをお願い致しております。(補足事項などがあればこちらからご連絡させて頂きます。)

Aご来院・ワクチン接種
ご来院当日は予防接種専門スタッフより、再度書類の確認や注意事項などをお伝えします。問診票や予診票など必要書類のご記入が完了しましたら順番に医師の診察になります。医師の診察を行ったうえで接種可能と判断されれば、いよいよワクチン接種となります。看護師が順番に患者様のお名前をお呼び致します。

B複数回必要なワクチン接種
留学するために必要な回数はワクチンの種類によって異なります。また過去に受けた予防接種の回数で済むものもありますが、多くのワクチンが複数回必要なものになります。定められた回数を満たすため複数回のご来院をお願いしております。

4.まずはお気軽にご相談下さい

海外留学するためには現地の学校から多くの事を求められ、それを限られた期間で完了しなければなりません。代官山パークサイドクリニックでは、海外渡航前予防接種専門のスタッフを配置しており、お電話でのご相談から、当日のご対応、接種後のアフターサービスまでより長きに渡って患者様一人ひとりと向き合わせて頂いております。英語を喋れるスタッフもおりますので、外国の方についてもご遠慮なくご相談下さい。海外渡航前の予防接種は接種を始めてからではなく、接種前の事前準備がより重要です。予防接種をご検討の方はぜひ代官山パークサイドクリニックへお越し下さい。

ページの先頭に戻る

プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ

代官山パークサイドクリニック

〒150-0034
東京都渋谷区代官山16-1
カスティヨ代官山2F
TEL03-5456-6282
FAX03-5456-6287

Copyright(c)2013 海外渡航予防接種のご案内 Produce by Consolution Co,.Ltd