高山病

原因

高山病は、高地で酸素が欠乏することによって引き起こされる病気です。
人間の体は、呼吸数や心拍数を増やしたり、赤血球の生産を増やして組織に酸素を多く供給することで、徐々に高地に適応していきます。しかし、急速に高度を上げてしまったり、過度な運動を行うことで高山病のリスクが上昇します。
高度が上昇するにつれて大気圧が下がり、空気が薄くなって使える酸素は少なくなります。1500~2000メートルであれば1日で問題なく上ることができますが、2500メートル登るとなると約20%、3000メートル登ると約40%の人に何らかの高山病の症状が現れます。高山病を放置し重症化すると高所肺水腫・高所脳浮腫になる可能性もあります。
また、以前に高山病に罹ったことのある人や、海抜0メートルレベル等標高が低い場所で普段生活をしている人の場合もリスクが高くなります。

症状

高度を上げてから6~10時間以内に、浮腫み、頭痛、ふらつき感、食欲減退、吐気・嘔吐、疲労、脱力、易怒性、睡眠障害等が現れます。二日酔いのようと表現する人もいます。症状は通常、24~48時間続きます。
重症化すると、息切れ、錯乱、血痰、微熱、チアノーゼ、運動失調などの症状を経て昏睡状態に陥り、死に至る可能性も出てきます。

海外渡航時の注意点

高山病予防の最善策はゆっくりと登る事です。その日に達した一番高い地点の標高よりも、睡眠をとる地点の標高が重要です。睡眠時に低いところへ戻れるならば、日中はそれより高い地点に上ってもかまいません。
症状なしで登ることのできる能力には個人差があります。したがってグループで登山する場合は、最も遅いメンバーのペースに合わせるべきです。高山病の症状が現れた場合は登るペースを落とします。
また、到着後1~2日間は激しい運動を控えると高山病の予防に役立ちます。ボリュームのある食事を何回かとるよりも、食事の回数を増やし、消化されやすい炭水化物を豊富に含む食事を少量ずつ取ることも有効です。カフェインを含まない飲み物を多くとるようにし、アルコールや鎮静薬は控えることが推奨されています。
より予防対策をするならば、併せて薬を服用することもお勧めです。

取り扱い予防薬

国内承認
  • ダイアモックス錠(株式会社三和化学研究所)

予防薬服用スケジュール

内服薬名 2日前 1日前 初日 2日目 3日目
国内承認 ダイアモックス錠   高度3,000mに行く前日の朝より、1日2回を4日間服用

※当院では利尿作用のある漢方を併せて処方しています。

お気軽にお問い合わせください。03-5456-6282診療時間 午前10時-14時 / 午後16時-19時[水・土休診]
※金曜は21時まで診療

仮予約フォーム 予防接種がスムーズにお受け頂けます。