ジフテリア

原因

咳やくしゃみを介して広がる深刻な細菌感染症です。

症状

ジフテリアは感染しても症状が出るのは10%程度で、残りの人が無症状の保菌者となり、その人を通じて感染する場合があります。
症状が出る場合、2~5日程度の潜伏期間を経て、発熱や嘔吐、頭痛、咳などにはじまり、扁桃や気道に偽膜を形成して呼吸困難となり、嗄声や犬吠様咳嗽など特徴的な症状がみられます。ジフテリア毒素による病変として、心筋炎や心筋障害、末梢神経麻痺があげられます。他に眼や鼻、粘膜に病変をきたす場合もあります。

海外渡航時の注意点

行き先によらず感染する可能性のある病気であり、ワクチン接種が重要と考えられています。

欧米諸国を中心として、乳幼児期の3~4回の接種による基礎免疫に追加して、4~6歳で1回、さらには10歳代以降で再び接種を推奨している国が多くみられます。
日本では10歳以降の接種が推奨されていないため、世界標準と比較した場合免疫の維持・保有状況に不安があります。

取り扱いワクチン

国内承認ワクチン
  • DT 【小児用:ジフテリア・破傷風混合】
    (一般財団法人 阪大微生物病研究会)
  • DPT 【ジフテリア・百日咳・破傷風混合】
    (一般財団法人 阪大微生物病研究会)
  • DPT-IPV 【小児用:ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ混合】
    (一般財団法人 阪大微生物病研究会)
未承認ワクチン(輸入)
  • Tdap 【成人用:ジフテリア・百日咳・破傷風混合】
    (Glaxo Smith Kline社)

ワクチン接種スケジュール

ワクチン名 0日 1週間 2週間 3週間 4週間 6ヶ月 12ヶ月 追加の目安
国内承認 DT 初回 10年後
国内承認 DPT 初回 10年後
国内承認 DPT-IPV 初回 10年後
未承認 Tdap 初回 10年後

※留学などで複数回数接種が必要な場合は、規定に沿って接種

お気軽にお問い合わせください。03-5456-6282診療時間 午前10時-14時 / 午後16時-19時[水・土休診]
※金曜は21時まで診療

仮予約フォーム 予防接種がスムーズにお受け頂けます。