子宮頸がん

原因

ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染によって引き起こされます。

HPVは、性交渉の経験のある女性であれば80%以上が生涯で一度は感染する機会があるとされています。

ウイルスに感染しても、多くの場合は無症状で気付かぬうちに、自身の免疫などで自然に排除されます。

しかしHPVが持続的に長く感染し続ける一部の女性において、数年から数十年をかけ、前がん病変を経て子宮頸がんが発生することがあります。

 

HPVには200以上の種類ある、ごくありふれたウイルスです。

その一部は子宮頸がん・肛門がん・中咽頭がん・陰茎がん・外陰がん・膣がん、性病である尖圭コンジローマなどに関わっています。

 

※HPVは女性のみではなく、男性にも感染します。

症状

子宮頸がんは、前がん状態にある異形成と言われる時期を何年か経てから発症します。

異形成の時期には、症状は特にありません。

子宮頸がんが進行すると、月経中以外や性交時に出血したり、濃い茶色や膿のようなおりものが増えたり、水っぽいおりものや粘液が多く出てきたりすることがあります。

予防に大切なこと

子宮頸がんは20~30代の若い女性に多く、日本では罹患率・死亡率共に増加しています。

原因がはっきりと特定できないがんとは異なり、予防に有効なワクチンが存在しています。

HPVは男性も感染するウイルスのため、欧米諸国では男性もワクチン接種が推奨されています。

HPVワクチンを男性も接種することで子宮頸がんから女性を守ることができます。

またパートナー同士の感染もあり得ることです。

お互いの接種はHPVにて起こり得るがん発症の予防に繋がります。

 

ワクチンを接種することで、HPVの持続的な感染予防となります。

ただし、ワクチンを接種していたとしても、定期的に子宮頸がん検診を受診することも大切です。

 

取り扱いワクチン

国内承認ワクチン
  • サーバリックス2価 (グラクソ・スミスクライン株式会社)
    →HPV 16型・18型
  • ガーダシル4価(MSD株式会社)
    →HPV 6型・11型・16型・18型《子宮頸がんを約60%以上予防》
未承認ワクチン(輸入)
  • Gardasil 9 (Merck Canada Inc社)
    →従来のガーダシル4価 + HPV 31型・33型・45型・52型・58型《子宮頸がんを約90%以上予防》

ワクチン接種スケジュール

ワクチン名 0日 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
国内承認 サーバリックス 初回 2回目 3回目
国内承認 ガーダシル 初回 2回目 3回目
未承認 Gardasil 9 初回 2回目 3回目

お気軽にお問い合わせください。03-5456-6282診療時間 午前10時-14時 / 午後16時-19時[水・土休診]
※金曜は21時まで診療

仮予約フォーム 予防接種がスムーズにお受け頂けます。